製缶板金加工.com

上場企業から品質優秀賞を受賞する企業が提供する、高品質・短納期の製缶板金加工品を提供

製缶板金加工.comは、製缶板金の設計・製作の専門サイトです。 Produced by 株式会社ミツヤ

名称マシンフレームカバー 分類板金加工
材質SPHC-C 寸法W;2750 L;1100 H;2450 備考2.3t 4.5t
マシンフレームカバー ※図面をクリックいただくと、拡大されます
設計対応 可能
不可

マシンフレームカバー

マシンフレームカバー側面

マシンフレームカバー内面視

マシンフレームカバー内面視

マシンフレームカバー内面視

特徴こちらは製缶板金加工.comで製作をしました板金加工のマシンフレームカバーの製作事例のご紹介です。
本案件は鋼板材のみを使用した板金加工のマシンカバーです。当初は補強材として角パイプやアングルなどを組み込んだ製缶板金加工の製品でありましたが、特に角パイプの角のR部と鋼鈑材の面を溶接すると、鋼板材の表面の溶接痕が溶接熱で強く引っ張られて凹凸歪が大きくなるため、溶接痕を分からなくするための仕上げ作業に大きく時間を要していました。そこで、製缶板金加工.comからVA案で角パイプやアングルなどとほぼ同等の効果を持った曲げ板材の板金加工の部材に変えることを提案し、歪みを小さくすることで仕上げの工数を削減しました。また、板厚も当初は5種類あったのですが、VA提案で2.3tと4.5tに絞り込むことで、レーザ加工や曲げ加工の金型交換の前段取り工数を大幅に削減することが出来ました。
本製品は部品製作ブログラム数が44点、加工部品点数が60点と非常に多く、また、大きな製品となります。製作は左右の大きなカバーと中央のカバーをバラバラで製作し、最後に合体する方法で製作をしております。溶接作業場から出荷作業場へ運び出す作業も大変で、当初は何処に負荷をかけて良いのか分からす、破損したりもしていましたが、プラスチックパレットやクレーン、フォークリフトを工夫しながら運び出すことで、今では簡易に運び出すことが出来ました。
本製品の一番の課題は製品の高さになります。高さが2,450mmあるため、通常規格のバンボディ(上下ウイング開閉式)のトラックでは運びだくことが出来ず、お客様が平ボディのトラックで引取をしていただき、塗装業者へ納品しています。塗装業者も特殊のバンボディのトラックを保有している為、日時が合えば引き取っていきます。

製缶板金加工.comでは大型の板金加工のマシンフレームカバーから小型の板金加工のマシンカバーまで様々種類の板金加工のカバー類を長年製作しており、多数の実績があります。
マシンフレームカバーやマシンカバー、板金加工品でお困りのことがございましたら、製缶板金加工.comにお気軽にご相談ください。


製品価格はLot数によって1個当たりの価格が大きく異なります。下記Lot毎の価格をご参照下さい。
Lot 1台 3台 5台 10台 20台
価格 400,000円 350,000円 300,000円 250,000円 250,000円
納期 10日程度 2週間程度 3週間程度 4週間程度 5週間程度

※ 表示された価格や納期は、その時々の材料代や生産状況によって異なる場合がございます。あらかじめ、ご了承下さいますようお願いいたします。